マイ
トリップ
(0)

バンコクのレストラン

ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 
  • ル ボリュー バンコク - フランス料理レストラン

    アテネ タワーのル ボリュー

    0

    ル ボリューは長年にわたり、バンコクにおけるフランス料理の代名詞とも呼べる存在を確立してきました。長い歴史を持つこの有名レストランは、にぎやかなスクンビット地区で高い評価を得てきましたが、時代の変化とともに、大勢の人で混雑するソイ 11 界隈はル ボリューの顧客層と大きなずれが生じてきました。しかし、シェフのエルヴェ・フレラール氏は、チットロム地区に建つアテネ タワーにおしゃれなレストランを再オープンさせ華々しい再デビューを果たしました。上品で洗練されたこのレストランにぴったりの場所に根を下ろし、欲張りでグルメなバンコクの若者のニーズを満たしています。

    新しく生まれ変わったル ボリューは、さらに一歩先を進み、2 つのコンセプトのもと革新的な取り組みを行っています。上品なダイニング ルームでは長年グルメ客の支持を得てきた人気の定番料理がふるまわれ、屋外のテラスでは、リラックスできる落ち着いた雰囲気の中でタパスに舌鼓を打ちます。

    Read More
  • 店内

    こぢんまりとした 2 階建てのレストランには、下の階にテーブルが数台、らせん階段を上がると、上の階にはグループ専用の部屋が 2 つあるのみです。エレガントな内装は、まさにロマンチックなディナーにぴったり。温かみのある色調で統一され、大きな絵画が飾られています。テーブル同士がやや近いようにも思えますが、気になるほどではありません。メニューは定期的に内容が変わり、伝統的な一品から手の込んだ創作料理まで豊富な種類が用意されています。それだけでなく、フォアグラ料理以上にフランスらしい、なかなかお目にかかる機会のない素朴な家庭料理も味わうことができます。シェフのエルヴェ・フレラール氏が特に強調しているのは、信頼できるアシスタントがフランスの一流マーケットで厳選し、毎日飛行機で直送される上質な旬の食材をレストランで使用しているという点です。これは、他のフランス料理店と大きく一線を画すポイントです。タイ産の食材を使ってフランス料理を作っても、それはもはや本物のフランス料理とは呼べません。もちろん、これだけの贅沢を味わうにはそれなりのお値段になりますが、本物の味を堪能するには、そのくらいの代償が必要なのかもしれません。 

    どれも食欲をそそる料理ばかりですが、私たちが注文したのは、タイではなかなかお目にかかれないドーバー ソール (舌平目) のレモン ケッパー ソースがけ (1,800 バーツ)、自家製ブイヤベース (490 バーツ)、アンジュ産鳩のロースト (1,850 バーツ)、マダム ビュルゴーの鴨肉のネクタリン コンポート添えです。目移りしてしまうのは、デザート メニューも同じです。中でもおすすめなのは、タヒチ産バニラビーンズを使ったミルフィーユ (390 バーツ) とヘーゼルナッツのベイクド スフレ (390 バーツ)。シェフ秘伝のプリンも、注文せずにはいられない一品です (490 バーツ)。

    ル ボリューのメニューには 1,000 バーツ以下のものもあるため、お値段の心配はご無用です。また、エルヴェ シェフ自らが語っているように、1 皿だけ注文するお客様も快く歓迎してくれるので、無理をしてたくさん注文する必要はありません。とはいえ、種類が豊富なワインセラーを見れば、店に入る前の決意はすっかり忘れて、心の赴くままに注文してしまうかもしれませんね。このレストランには、床から天井まで壁一面を覆うワインセラーが店内に何か所もありますから。

     

    ザ テラス

    ル ボリューのテラス席には、店内とはまた異なる、魅力的なコンセプトが取り入れられています。高級エリアに店を構えたことから、仕事を終えた若い会社役員がおいしい軽食と一緒にワインを楽しんでいくのに格好のロケーションです。レストランの外に出ると雰囲気はがらりと変わります。屋外に置かれたソファーは大きくて座り心地がよく、照明はリラックスした雰囲気を演出するために温かみのあるものが使われています。また、DJ が流す音楽もおしゃれで音量もちょうどよく、仕事帰りに友人とくつろぐのにぴったりの空間です。毎晩決まったテーマがあり、「シャンペン ガール ナイト」や「アフター ワーク」ハッピー アワーなど、さまざまなスペシャル サービスを提供しています。新しく生まれ変わったル ボリューは、今やバンコクでも注目のホットスポットです。

    エルヴェ シェフについて

    フランスの厨房で伝統料理の修行を積み、フランス、日本、ベトナム、香港、ニューヨークのレストランを経験。これまでに、タイ王室、女王エリザベス 2 世、世界各国の著名人に料理をふるまい、フランソワ・ミッテラン元フランス大統領のパーソナルシェフも務めました。在タイ歴は 15 年以上です。

    ル ボリュー

    • 営業時間: 営業時間 : AM 11:30 ~ PM 2:30、PM 6:30 ~ PM 11:30 (日曜定休)
    • 所在地: 3 ワイヤレス通り、アテネ タワー (ロビー)
    • 電話番号: +66 (0)2 168 8220
    地図を非表示 地図を表示
    この施設を評価する : ( 件投稿)
  • Follow us on FACEBOOK for daily photos!

 
ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 

We try to provide free information that is as up-to-date and accurate as possible. However, if you are planning to travel it's a good idea to double check specific dates and information to avoid surprises.

Loading...