マイ
トリップ
(0)

バンコクのレストラン

ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 
  • ソフィテル バンコク スクンビットのレストラン ル アパート

    32 階のパリの高級アパルトマンで食事

    0

    ル アパートは、おそらくバンコクで最も優れたデザイン コンセプトを持つフレンチ レストランです。19 世初頭のパリの高級アパルトマンをモデルにした店内では、リビングルーム、書斎、屋上テラス、さらにはキッチンの中から好きな部屋を選んで食事をとることができます。アパルトマン風のデザインによって優雅な生活が表現され、独創的でありながら、世界一流のフランス料理を味わうにはぴったりの雰囲気です。レストランはソフィテル バンコク スクンビットの 32 階に位置し、BTS 線のアソーク駅またはナナ駅のどちらからも歩いてすぐです。

    Read More
  • ル アパートのフランス料理を手がけるのは、エグゼクティブ スー シェフとシェフを兼任するル アパート・ジェレミー・トゥレット氏。世界中のさまざまなミシュランの星付きレストランで働いた豊富な経験を持つ人物で、ニューヨークの 2 つ星レストラン ダニエルで腕を振るったこともあります。マンゴーとパッションフルーツ ソースのマグロのタルタル アブルーガ キャビア添え (450 バーツ) や、レモングラス、生姜、コブミカンの葉と一緒に蒸したタラ (950 バーツ) など、地元産の食材を使ってクラシックなフレンチのレシピの魅力をさらに引き出した料理を得意としています。とはいえ、味付けと盛り付けからも見てわかるとおり、この店で味わえるのはフュージョン料理ではなく、(少々ひねりは加えられていますが) フランス料理です。

    メニューはわずか 2 ページしかなく、季節ごとに手に入る食材に合わせて内容が変更されますが、カボチャのムースリーヌを添えたヤギのチーズのラビオリ (450 バーツ) や、フォアグラと削った黒トリュフを添えクリーミーポレンタ ソースをかけた鶏むね肉 (900 バーツ) など、定番料理も多数取りそろえています。また、膨大なワイン セレクションはブドウの品種によって分けられ、最高級品から驚くほど低価格なものまで種類が豊富です。グラスで注文できるワインも多数あるので、ぜひ料理と一緒にお楽しみください。もちろん、料理の風味を引き立ててくれる相性のよいワインを給仕長がいつでも案内してくれます。

    ロマンチックなディナーをお望みなら、リビングルームの暖炉のそば、あるいは静かな書斎のテーブルがおすすめです (個室はより高級でフォーマルな造りになっています)。しかし、この店で一番ユニークなコンセプトを取り入れているのは、キッチンです。調理スペースには何も手を加えていないため、まるでパリの高級アパルトマンのキッチンそのもの。このパリのイメージを壊さないよう、給仕はフランスのメイドが着る淡いグレーの制服を着用し、プロらしい丁寧なサービスでもてなしてくれます。フランスのメイド服を使用している店にありがちな、大げさあるいは過剰にかわいらしいサービスではありません。

    独創的で興味をそそられる内装に気を取られてつい忘れてしまいがちですが、ル アパートはスクンビット屈指のルーフトップバーを併設しています。建物の周りを 180 度囲うアーチ型のバルコニーは、ベンジャキット公園とルンピニー公園、光り輝くシーロムのダウンタウンを眺めることができ、ディナーの前に食前酒を楽しむのにぴったり。レストランの独創的なインテリアを観賞しながら、食事はせずに屋上でカクテルを飲むだけでも利用できます。ここでは、カクテルの作り方を広範囲にわたって勉強したバーテンダーが腕を振るいます。彼らのカクテルを味わうなら、毎日午後 5 時から 7 時まで実施されるサンセット ハッピー アワーがおすすめ。すべての飲み物が半額で楽しめます。その他のお得なサービスとして、毎週月曜日の夜にはマティーニが特別価格になり、木曜日のレディース ナイトには深夜 0 時まで女性は 1 杯注文するともう 1 杯が無料になります。また、バーには DJ による、ゆったりとしたハウスミュージックが流れています。夜が深まるにつれ徐々にボリュームが上がり、上品でありながら華やかな雰囲気に包まれます。

    ル アパートの特別イベント – ジェレミー・ビアシオル シェフとソワレ ガストロノミーク

    ル アパートはソフィテル バンコク スクンビットの主要なレストランであるため、世界の有名シェフをゲストに招いた特別イベントを定期的に開催しています。これまでに開かれた特別イベントの中でも特に注目を集めたのは、香港にあるレストラン ミラーからジェレミー・ビアシオル氏を招いたイベントです。ビアシオル氏は、「ソワレ ガストロノミーク」と呼ばれるワインペアリング付きの 5 品のコースを考案した人物で、このコースはエビの二種盛り、フォアグラ、新鮮なメイン産のロブスター、豚の三枚肉の蒸し煮、マンゴー ビスケットのデザートで構成されています。このコースはル アパートの料理の特徴 – 他では味わえないうれしい驚きに満ちた、まぎれもないフランス料理 – をよく表しています。

    エビの二種盛りは、殻をむいたクルマエビにクリーミーなカクテルソースをかけ、飾りとして紫色の花びらと色鮮やかな魚卵をあしらい、高級感を出すために金箔を浮かべた濃厚なガスパーチョと一緒に一皿に盛り付けた品。どちらも繊細な味と食感が生きるよう丁寧に調理されているため、エビのジューシーな味わいがそのまま伝わってきました。

    フォアグラのソテーは小さなハンバーガー用の柔らかいパンに、玉ねぎのコンフィと一緒に乗っており、さらに濃厚な味わい。マティーニ グラスに入ったクリーミーなビートルートのミルクシェイクとエマルジョンをかけたテリーヌと一緒に出てきました。世界的に有名なシェフが手がけるからこそ信頼できる類の料理ですが、思ったとおり、カボチャに似たビートルートのミルクシェイクは味が控えめで、フォアグラの味を損なうことはありませんでした。お供にいただいたのは、甘いリースリングです。

    同じく素晴らしかったのは、ロブスターです。殻はついたままで、器からハサミがのぞいていました。香りが強く野性的なチーズとナスのキャビア (ナスをキャビアに見立てたもの) によって豊かな風味が生まれ、サクランボの香りがする軽口のピノノワールと相性抜群でした。肉料理は、柔らかい脂の皮を添えた豚の三枚肉の蒸し煮。フルボディのカベルネソーヴィニヨンといただきました。コースの最後に登場したのは、焼きたてのビスケットにスライスした甘いマンゴーをのせたタイの定番デザート。デメララシュガーをたっぷり使ったビスケットは、外がカリカリで中は温かくふんわりしており、バニラアイスクリームと金箔をあしらったバニラ風味のホイップクリームが、ディナーを最高の形で締めくくってくれました。

    レストラン ル アパート

    • 営業時間: 7:00 PM ~ 10:30 PM (ルーフトップバーは 5:00 PM ~ 1:00 AM)
    • 地下鉄 (MRT): スクンビット
    • スカイトレイン (BTS): ナナ駅またはアソーク駅
    • 住所: Sofitel Sukhumvit Hotel, 32 階
    • 電話番号: +66 (0) 2126 9999
    地図を非表示 地図を表示
    この施設を評価する : ( 件投稿)
  • Follow us on FACEBOOK for daily photos!

 
ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 

We try to provide free information that is as up-to-date and accurate as possible. However, if you are planning to travel it's a good idea to double check specific dates and information to avoid surprises.

Loading...