マイ
トリップ
(0)

バンコクのナイトライフ

ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 
  • バンコクのおすすめのナイト クラブ ベスト 10

    バンコクのおすすめのダンス クラブ

    バンコクはナイトライフで知られる街ですが、それにはれっきとした理由があります。世界的に有名な巨大クラブや地下のたまり場が集まる市内は、連日連夜にぎやかな活気に包まれており、世界中からお祭り好きの人を引き付けています。バンコクではクラシック ヒップ ホップからファンキーな歌声のハウス ミュージック、さらにはドラムンベースまで、ありとあらゆるマイナー音楽を楽しむことができますが、この選択肢の豊富さこそが、楽しいこと好きな人々と昔からのタイらしい魅力あるのんびりとした雰囲気と相まって、バンコクをアジア第一級のクラブの街、さらには、世界で最もにぎやかなパーティーの街に仕立て上げたのです。

    バンコクのナイトライフの魅力は、たった 5 つのクラブを紹介したくらいでは、とてもお伝えすることはできません。そこで、タイの首都で忘れられない夜が過ごせるすばらしいクラブを厳選しました。心の準備はできましたか ?

    Read More
  • 1
    クデタ ロケーション: サトーン
    0

    音楽: ハウス / ヒップホップ / パーティー ポップ (その日によって異なる)
    客層: 外国人居住者、観光客、国際感覚のあるタイ人

    クデタ (ク デ タ) は、バンコクで近年まれにみるほどの注目を浴びてオープンしたクラブ。バンコクの街の夜をにぎやかに彩ります。クデタは豊かなライフスタイルとエンターテイメントを提供するブランドで、アジアのさまざまなホットスポットに上品なレストラン、バー、ナイトクラブを持つことで世界的に知られています。その中で最も新しいのが、クデタ バンコクです。サトーン ワン ビルディングの屋上にある洗練されたラウンジでは、地上 39 階の高さからの絶景を眺めることができます。その日によって音楽は変わり、レディースデイの水曜日にはヒップホップ、木曜日にはディープ ハウス、金曜日には大衆向けのパーティー ポップ、R&B、EDM のヒット曲のミックス、土曜日にはもっとベースの重低音が響く曲が流されます。おしゃれな服装でおでかけください。 もっと読む...

    • 営業時間: 営業時間 : PM8:00~AM2:00
    • 所在地: ノースサトーン通り 98 番、サトーン スクエア コンプレックス 39 ~ 40 階
    • スカイトレイン (BTS): チョンノンシー駅 4 番出口
    • 電話番号: 電話 : +66 (0) 2108 2000
    地図を非表示 地図を表示
    2
    レベルズ クラブ & ラウンジ ロケーション: スクンビット
    0

    音楽: R&B / ハウス
    客層: 観光客とタイ人半々

    バンコクのパーティー シーンに比較的最近加わったクラブです。まるでクールな若者のように、後から颯爽と現れたこのクラブに、誰もが興味をひかれ、一度は訪れてみたいと思っています。ルーフトップ ラウンジと 2 つのクラブ ルームがあり、さまざまなジャンルの音楽を流しています。たとえば、テラスではファンキーなビートの音楽、豪華なメインルームでは R&B、お店奥の隠れ家のようなボックスシートではハウスとテクノ ミュージックを楽しむことができます。入場料がかからないことと積極的な PR が功を奏し、毎晩のようにクラブ好きの人でにぎわい、毎週水曜日と金曜日には、ビキニ姿のモデルなどさまざまなテーマでスペシャル イベントが開催されます。また、欧米のクラブのような雰囲気が取り入れられており、席の数は少なく、店内を移動しながらほかのお客さんと気軽に話ができるようなムードが漂っています。 もっと読む...

    • 営業時間: PM 9:00 ~ AM 3:00
    • 所在地: スクンビット ソイ 11
    • 料金範囲: 入場無料
    地図を非表示 地図を表示
    3
    ルート 66 ロケーション: RCA
    0

    音楽: ヒップホップ/ トランス / ライブ バンド
    客層: 若者、タイ人、おしゃれな人

    「若者」、「タイ人」、「セクシー」という言葉に弱いなら、RCA にあるルート 66 は外せません。RCA (ロイヤル シティ アヴェニュー) は、両脇にバーやクラブがずらりと並ぶパーティー通りですが、その中でも一番の注目が、ルート 66 です。3 つの部屋が並んでおり、それぞれライブミュージック、ヒップホップ、トランスを楽しむことができますが、圧倒的に人気があるのが、ヒップホップを流すメインルームです。ルート 66 はタイ スタイルのクラブなので、ほとんどのお客さんはこのクラブにやってくるとウィスキーのボトルを購入し、その夜過ごす場所を探します。よい席はすべてこういった人たちで埋まりため、みんなビールを片手に、落ち着く場所を探しては、ほぼ一晩中店内を動き回っています。 もっと読む...

    • 営業時間: 営業時間 : PM8:00~AM2:00
    • 所在地: RCA
    • 料金範囲: タイ国民は無料、外国人は 400 バーツ
    地図を非表示 地図を表示
    4
    デモ ロケーション: トンロー
    0

    音楽: ハード ハウス / テクノ
    客層: タイの富裕層 (親のお金で贅沢ができる学生から社会人まで)

    トンロー通り沿いのハイソなエリアの中心地にたたずむクラブです (ファンキー ヴィラの姉妹店)。古い工場を思わせるおしゃれな店内に鳴り響くハウスとテクノが人気を呼び、水曜日から日曜日まで大勢の人でにぎわっています。入場が無料なのも大きな魅力です。ここにやってくる裕福なタイ人と少人数ですが通の外国人は、ほかの人とは一味違う音楽の趣味とお酒の好みを持つ人ばかり。そのため店内には最先端のナンバーが流れ、何ページ分ものカクテル メニューが用意されています。また、むき出しの煉瓦の壁中に落書きが描かれ、ドアの代わりにシャッターが使われ、よりメジャーな隣のファンキー ヴィラに通じる広いアウトドア エリアが広がる店内は、一見の価値ありです。

    デモでは身分証明書の提示が必須です。たとえ 70 年代のディスコ シーンを覚えているような年齢であっても、入り口のスタッフに提示を求められるので、必ずお持ちください。

    • 営業時間: 営業時間 : PM8:00~AM2:00
    • 所在地: トンロー ソイ 10
    • 料金範囲: 平日は入場無料、週末は 500 バーツ (同額のドリンクチケット付き)
    地図を非表示 地図を表示
    5
    グリース ナイトクラブ ロケーション: スクンビット
    0

    音楽: ダブステップ / ドラムンベース / ハウス
    客層: タイ人と外国人。屋上のシーシャ (水タバコ) バーでくつろぐ人とクラブで夜通し大騒ぎをする人で分かれます

    それぞれ雰囲気の異なる 4 つのフロアからなるグリースは、筋金入りのクラブ好きの人からルーフトップで星を眺めたいという人まで、誰でも楽しむことができる複合ナイトクラブです。具体的には、レストラン、ダンス フロア、ライブ ミュージック バー、木々が並ぶルーフトップ ラウンジが入っています。場所は、スクンビット ソイ 49 沿いにあるピマン 49 複合施設の中。サミティヴェート病院の向かいです。最寄りの BTS 駅はトンロー駅ですが、少々遠いため、駅からはタクシーまたはバイクをご利用ください。

    • 営業時間: 営業時間 : PM8:00 ~深夜
    • 所在地: スクンビット ソイ 49 の 46 / 12 ~ 13
    地図を非表示 地図を表示
    6
    インサニティ ロケーション: スクンビット
    インサニティ クラブ
    0

    音楽: EDM / ヒップホップ/ ハウス
    客層: 観光客 (ほぼ男性) とタイ人 (ほぼ女性)

    インサニティは、最近行われた改修とブランド再生によって新しく生まれ変わったナイトクラブ。音響と照明の性能が向上し、国内外の DJ による刺激的で新しいミュージック ラインナップでより楽しませてくれるようになりました。音楽はダンス ミュージックのみ (EDM、ハウス、ヒップホップ)、タイのバンドの音楽は流れません。店内は驚くような広さで、ダンスをしたり、座ってお酒を楽しんだり、お立ち台で踊るセクシーなダンサーを眺めながらのんびりしたりできる部屋がいくつもあります。また、ロケーションもプラス ポイントで、スクンビット通り沿いの、有名なナナ アンド ソイ カウボーイからすぐです。入場料は 300 バーツですが、ドリンク 1 杯が付いています。4 人以上で来店すると、上等なお酒がボトルでもらえます。また、夜遊び好きの人にはうれしいことに、インサニティはバンコクで閉店時間が最も遅いクラブの 1 つです。

    • 営業時間: PM 9:00 ~ 深夜
    • スカイトレイン (BTS): アソーク駅 / ナナ駅
    • 住所: : スクンビット ソイ 12
    • 電話番号: 電話 : +66 (0) 2653 2923
    地図を非表示 地図を表示
    7
    オニックス ロケーション: RCA
    0

    音楽: EDM
    客層: 大半がドレスアップした地元バンコクっ子、小人数の EDM 好きの外国人

    バンコクのパーティー シーンでは、エレクトロニック ダンス ミュージック (EDM) が少しずつ地元バンドにとって代わろうとしており、RCA で人気を集めるオニックスも例外ではありません。オニックスはバンコクのベース ミュージック ファンの聖地という地位を徐々に確立しつつありますが、ビッグ ルーム ハウスのジャンルからそれた音楽が流れることはほぼありません。店内は、タイの昔ながらのクラブのコンセプトが取り入れられており、ダンスフロアにはハイ テーブルとスツールが置かれています。その一方で、見上げるように高い天井やメインの DJ ブースの背後にあるおしゃれな LED スクリーンなど、欧米のクラブを思わせる要素も見受けられます。外国人の入場料は通常 400 ~ 500 バーツ。2 ~ 3 杯のドリンクが付いています。 

    • 営業時間: PM 9:00 ~ 深夜
    • 所在地: ロイヤル シティ アヴェニュー (RCA) の A ブロック、ラーマ 9 世通りの入り口近く
    地図を非表示 地図を表示
    8
    グロウ ロケーション: スクンビット (アソーク)
    グロウ クラブ
    0

    音楽: ディープハウス / テクノ / ドラムンベース
    客層: 若い外国人居住者、少人数の通のタイ人と観光客

    規模が小さいにも関わらず (収容人数わずか数百人)、バンコクでアングラ ダンス ミュージックが楽しみたいなら外せないスポットの 1 つに急速に上り詰めたクラブです。クラブ カルチャーやカフェ デ モックなどのアングラ クラブが閉店してしまったため、グロウは街で唯一残ったこの種のクラブとして、事実上、独占状態になっています。2 階建てですが、メイン会場は下の階の小さなダンス フロア。あまりの狭さに、前のほうにいる情熱的なダンサーは DJ ブース内の CDJ の上に身を乗り出して踊り出します。ここではこれまでに、ゴールディ & ファビオ、フェリクス・モレノ、ダブウェイなどのビッグネームを迎え入れてきました。入場料はその日によって異なりますが、200 ~ 500 バーツ。ドリンク付きです。 

    • 営業時間: PM 10:00 ~ AM 3:00
    • スカイトレイン (BTS): アソーク駅
    • 住所: スクンビット 23
    地図を非表示 地図を表示
    9
    DND クラブ (ドゥ ノット ディスターブ) ロケーション: エカマイ
    0

    客層: トンロー界隈の標準的にドレスアップした人、少人数のジャズファンと外国人居住者
    音楽: EDM (ときどき地元バンド)

    広がり続けるトンローのナイトライフ シーンに比較的新しく仲間入りした DND クラブ (ドゥ ノット ディスターブ) は、おしゃれなモーテルのような内装と EDM に対する比較的強いこだわりで人気を呼んでいます。壁には年代物のテレビがかけられ、隅には古いスーツケースが積み上げられ、ドリンクがゆっくり飲める、クロムメッキのぴかぴかしたテーブル (キャスター付き) が並んでいます。値段は周辺のクラブよりやや高めですが、ボトルを購入したテーブルは割り材が「フリーフロー」 (飲み放題) になるところが気に入りました。飲み放題なので、暗闇の中、誰が何を買ったか仲間同士でわざわざやり取りをする必要がないのです。エカマイ ソイ 7 沿いのナンレン クラブの裏手に位置し、入場料は通常無料です。 

    • 営業時間: 営業時間 : 火~日曜日: PM 8:00 ~ AM 2:00
    • 住所: エカマイ ソイ 7
    • 電話番号: +66(0)9446 6296
    地図を非表示 地図を表示
    10
    ナンレン & エスコバー ロケーション: エカマイ
    0

    音楽: ナンレンではタイのバンド、エスコバーではダンス ミュージック
    客層: 地元のタイっ子 - 大半が大学生と若い社会人

    にぎやかなトンロー / エカマイ地区にあるナンレンとエスコバーは、2 つ合わせてパーティー スポットとしてこの界隈随一の人気を博しています。この 2 つのクラブは中でつながっていますが、より規模が大きく名前が知られているのは、バンコク最長の歴史を持つクラブの 1 つである、ナンレンです。ナンレンはワンフロアのみで、年中無休でステージに生バンドを迎え入れており、ほぼ毎晩人で埋め尽くされてしまいます (金曜日の深夜 0 時を過ぎると、テーブルを確保するのは至難の業です)。あぶれてしまっても、もう 1 つのより欧米らしい雰囲気のあるエスコバーがほぼ全員迎え入れてくれるのでご心配なく。ナンレンより規模は小さいですが、明るく、通常は DJ によるヒップホップ、ハウス、テクノが流れています。入場料は通常、どなたでも無料です。 

    • 営業時間: PM 6:00 ~ AM 2:00
    • 住所: エカマイ通り (ソイ 5 とスクンビット 63 の交差点)
    • 電話番号: +66(0) 711 6564
    地図を非表示 地図を表示
    この施設を評価する : ( 件投稿)
  • Follow us on FACEBOOK for daily photos!

 
ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 

ご意見をお聞かせください

このウェブサイトをより良いものにするため、
旅行やホテル、ツアーに関するご意見や感想をお聞かせください。

  • - Tell us if something is not right, outdated or closed
  • - Suggest your restaurant, bar or shop
  • - Tell what you would like to see in this website

Loading...