マイ
トリップ
(0)

10 大アトラクション

ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 
  • バンコクの 10 大アクティビティ

    バンコクの必見アトラクション

    0

    200 年前のバンコクは、チャオプラヤー川の西岸で交易が行われていた小さな港街に過ぎませんでした。現在のバンコクは、世界の変化にしっかり対応する現代的な都市に生まれ変わっていますが、その一方で、壮大で華麗な歴史も街の中にはっきりと刻まれています。例えば、風情ある寺院、壮麗な宮殿、世界に名だたる水上マーケット、色彩豊かな中華街などの名所は、それぞれに魅惑的な物語を秘めています。

    Read More
  • 0

    王宮やワット プラケオの敷地内を 1 度でも歩いてみれば、その素晴らしさに感じ入らずにはいられません。1782 年に建立されて以来、150 年ものあいだ、歴代のタイ王の住居兼宮廷として使われてきた王宮は、圧倒的な建築美と繊細なディテールで見学者を魅了します。ワット プラケオは、エメラルドの塊石から聖なる仏陀 (ぶっだ) 像を彫り出した「エメラルドの仏陀」(プラ ケオ モラコット) が魅力です。 もっと読む...

    0

    尖塔 (せんとう) が天高くそびえ立つワット アルンのシルエットは、忘れられない眺めで、東南アジア屈指の認知度を誇ります。19 世紀前半に古代クメール様式の多彩な花文を華やかに描き、彩釉磁器で飾ったストゥーパは、見る者の心を一目で捕えます。美しさもさることながら、ワット アルンはアユタヤ王国滅亡後のラッタナーコシン期の始まりと新都の創建のシンボルとなっています。 もっと読む...

    3
    水上マーケット ダムヌン サドゥアク水上マーケット
    0

    水上マーケットの先駆者ダムヌン サドゥアクは、観光色が強まった感じはあるものの、以前同様に正統派の市場を体験できます。農場で収穫したばかりの青果、生花を満載した木造船が数十そうも列をなして行き交っています。大なべや炭火焼きのグリルをいっぱい積んだ屋台船が、注文に応じ、いつでも「ボート ヌードル」や、シーフードの串焼きを出してくれます。 もっと読む...

    0

    中華街は色彩と異国情緒にあふれ、市場の屋台から市内でも特に密集した金製品の店までが混然一体となったところが魅力です。中国の正月を祝う新年祭や菜食主義祭りなど、大きな祭りの会期ともなると、華やぎ祝う気分とダイナミズムが街中に火が燃えるように広がります。居合わせた場合は、バンコクの中華街の魅力が最も鮮烈にほとばしるときを見逃さないでください。 もっと読む...

    0

    ワット ポーの見どころは釈迦涅槃像や、タイ古式マッサージですが、それだけではありません。ワット ポーには、戦争から天文学、考古学まで多様な分野にわたる彫塑 (ちょうそ)、碑文、壁画の魅力的なコレクションが集まっています。寺院の広大な複合施設には、石像が置かれ、手入れの行き届いた庭園、彩釉磁器で飾られたストゥーパ、記念品の店、漢方医学の大学までそろっています。 もっと読む...

    0

    景色の美しさが際立つ河畔には、昼夜絶え間なく変化する魅力が詰まっています。水上タクシー、ずっしりと大量のコメを積み、川上に向かうはしけ船、日の光を弾いて光る寺院群、高級ホテルなど、見るだけで楽しいものです。ワット アルンからプラ スメル砦 (とりで) に至るエリアは、バンコク ノイを筆頭に、バンコク内でも特に古くから開けた地域で、入り組んだ運河の水上に突き出た支柱の上に竹馬のように建てた家々など、風情ある景色が広がっています。  もっと読む...

    0

    チャトゥチャック ウィークエンド マーケットは、元は卸売業者や商人たちだけでにぎわっていましたが、いつしかこの地域を象徴する名物となり、必見の観光名所となっています。極めて多種多量の商品が集まってくるため、目の肥えた買い物客も魅了しています。マーケット内の店舗数は 8,000 を超えます。週末は 20 万人を超える買い物客が押し寄せ、大量の品物を吟味していきます。 もっと読む...

    0

    バンコクが東洋と西洋が出会う街だとしたら、カオサン通りは東西がせめぎあう場所、互いに優位を競って争う地域です。現代世界のありとあらゆる場所から旅行者が訪れるため、洗練された音楽が流れるおしゃれなクラブ、無数の店舗の雑多な魅力、フォルクスワーゲンを改造したカクテル バー、欧米人の味覚に合わせてアレンジした食べ物など、勝者がどちらかは明らかな様子です。 もっと読む...

    9
    カウボーイ通り スクンビット (アソーク)
    0

    カウボーイ通りの名前は、1970 年代初頭にここで 最初のバーを開いたアフリカ系アメリカ人がカウボーイ ハットをかぶっていたことに由来しています。この歓楽街は、パッポンやナナ プラザに比べてずっとのんびりとして、祭りのような雰囲気があります。当時は点滅するネオン灯に照らされたカラフルな街には、中年の外国人、日本や欧米の旅行者が次々と訪れ、大勢の娼婦たちが、「ヘロー、ウェルカム ! 」という嬌声を張り上げていました。 もっと読む...

    0

    ジム・トンプソンがタイ シルク、そして染色技術の復興に費やした 30 年間でこの業界は根底から変わりました。トンプソンはマレーシアの密林で謎の失踪を遂げ、伝説だけが残りました。トンプソンが大量に蒐集していたタイの美術品、アンティークは、ジム・トンプソンの家と併設博物館で展示されることとなり、6 棟のきれいなタイ風のチーク材製家屋は現在まで往時の姿をそのまま残しています。 もっと読む...

    この施設を評価する : ( 件投稿)
  • Follow us on FACEBOOK for daily photos!

 
ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 

ご意見をお聞かせください

このウェブサイトをより良いものにするため、
旅行やホテル、ツアーに関するご意見や感想をお聞かせください。

  • - Tell us if something is not right, outdated or closed
  • - Suggest your restaurant, bar or shop
  • - Tell what you would like to see in this website

Loading...