マイ
トリップ
(0)

バンコク トップ 10

ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 
  • バンコクで必見の寺院ベスト 10

    バンコクで最も重要な寺院とワット

    0

    バンコクの市内には 400 を超えるワット (寺院) が散在していますが、誰もがバンコクの三大寺院、ワット プラケオ、ワット アルン、ワット ポーに詰めかけます。では、その後は一体どこに行けばよいのでしょうか。他にどのような寺院があり、どのような理由で訪れる価値があるのでしょうか。そのような寺院はどこにあるのでしょうか。もちろん、すべての寺院を訪れるわけにはいきません。私たちは今までに数多くの寺院を見てきました。悪名高いデビッド・ベッカム寺院 (実存します)、巨木に飲み込まれた寺院、処刑が執り行われた寺院もありました。

    以下に、バンコク滞在中に是非とも訪れたい 10 か所の寺院をご紹介します。幸い、その多くは王宮に近いため、一日で複数の寺院巡りが可能です。カメラはもちろんのこと、薄手の長ズボンと肩が隠れる T シャツの着用をお忘れなく。ビーチ サンダルを禁止している寺院もあるため、適切な靴も用意しましょう。暑さが厳しいため、水分を十分に補給し、帽子をかぶりましょう。

    Read More
  • 0

    王宮の敷地内に建てられたワット プラケオはまたの名を「エメラルド仏寺院」と言い、バンコクで最も重要で、最も訪問者の多い寺院です。ワット プラケオの最も重要な特徴のひとつに挙げられるのがエメラルド仏で、高さ 66 cm のヒスイの塊を彫った仏像です。参拝者が後を絶たないこの仏像は 1464 年に、仏像を保存していた寺院が雷に打たれた際にチェンライで発見されたものです。チェンマイに戻る前にいったんラオスに運ばれ、最終的には現在安置されているバンコクに永久保存されることになりました。ワット プラケオは随所に発見のある素晴らしい寺院です。なかでも、2 km に及ぶ回廊は、非常に詳細な壁画で埋め尽くされており、古代インドの叙事詩『ラーマーヤナ』の中から 178 シーンが描かれています。境内のあちらこちらで、釉薬をかけたタイルを重ねたり、表面を金箔で覆った高い仏塔が見えますが、なかでも最もよくカメラに収められるのは、1 バーツ硬貨にも刻印されている巨大な黄金の仏塔、プラ シー ラタナーです。寺院は午後 3 時に閉まります。少なくとも 400 バーツの入場料が必要です。厳格なドレスコードが適用されます。半ズボンや袖のないシャツでの入場は認められません。 もっと読む...

    地図を非表示 地図を表示
    0

    仏陀が居住したと言われるインドの僧院の名前にちなんで命名されたワット ポーは、バンコクで最も古く、最も大きい仏教寺院のひとつです。ワットポーは「涅槃寺」という名前でも知られ、ここに納められている高さ 15 m、全長 43 m の寝釈迦仏は金箔に覆われ、長さ 4 mの足の裏には非常に美しい真珠 (または真珠層) の装飾が散りばめられています。ワットポーは王宮に隣接しており、1,000 体の仏像と 91 基の仏塔があります。その中には、チャクリー朝の 4 人の王に捧げた 4 基の見事な仏塔も含まれます。ワットポーは最初のタイ古式マッサージ スクールがオープンした場所でもあり、今でも寺院の外の屋外ホールにある伝統医学協会センターでタイマッサージの講習が行われます。ちなみに、寺院の正式名称は「ワット プラ チェートゥポン ウィモン マンカラーラーム ラーチャウォーラマハーウィハーン」。入場料は 100 バーツです。 もっと読む...

    地図を非表示 地図を表示
    0

    バンコクの象徴とも言える寺院、ワット アルンは、バンコクのトンブリー地区に位置しており、王宮やワット ポーの対岸にあります。17 世紀にチャオプラヤ川の川岸に建造され、正式名称は「ワット アルン ラーチャワララーム ラーチャウァーラマハーウィハーン」。ただし、この覚えづらい名前よりも、通称、「暁の寺」という呼び名で知られています。その独特の形が美しいワット アルンは、中央の「プラーン (クメール様式の塔)」が 4 基の小さな塔に囲まれ、表面はすべてファイアンス焼きの皿や陶器のかけらで覆われています。中央の塔を上る階段はかなり急で、通常、降りるときよりも上る方が簡単ですが、上からは見ごたえのある眺望が望めます。「暁の寺」とは言え、日没時の景観も見事です。

    ワット アルンへ行くには、チャオプラヤ川対岸のマハラージ桟橋との間を走る渡し船を利用すると容易にアクセスできます。寺院の入場料は 50 バーツです。 もっと読む...

    地図を非表示 地図を表示
    0

    ワット サケット寺院では、黄金の丘「プー カオ トーン」の上に建つ、紛れもなく黄金の仏塔を訪れることができます。バンコク旧市街地の高い丘の上に建てられたこの巨大な建造物は、紆余曲折を経て完成しました。まず最初に、国王ラーマ 3 世 (1787 ~ 1851 年) が建造を試みたものの、仏塔は緩い地盤が原因で崩壊し、建造を断念しました。今日建つ黄金の仏塔は国王ラーマ 4 世とラーマ 5 世の統治時代に建造されたもので、オリジナルの建設跡地の上に建てられました。300 段の階段を上がると頂上に着き、インドから運ばれてきた仏舎利が仏塔に納められています。 もっと読む...

    地図を非表示 地図を表示
    0

    ワット トライミットは複数の層から成る優美な白と金色の寺院です。ヤワラート通りの端に位置しており、チャイナタウンの観光のスタート地点に最適です。ワット トライミットの主な見どころは美しい建築様式だけではありません。建物の中に祀られている黄金の座像は、この種の仏像としては世界最大と言われます。高さ 5 m、重さ 5.5 トンの仏像は長年、漆喰に覆われ、13 ~ 14 世紀に建造されたものと考えられていました。漆喰の下に隠されていた黄金の仏像はまったくの偶然によって 1955 年に発見されました。階段を半分ほど上ったところにあるミュージアムを訪れるには少額の入場料が必要ですが、黄金の仏像の見学は無料です。 もっと読む...

    地図を非表示 地図を表示
    6
    6) ロハ プラサート
    0

    バンコクには数多くの壮大な寺院が建ち並び、その壮観さを競い合っています。なかでも、飛びぬけてユニークな建築様式で知られるのがロハ プラサートです。別名「鉄の城」と呼ばれるロハ プラサートは、ワット ラチャナダラームの境内に建っています。2005 年には、同寺院の歴史的重要性を訴えて、ユネスコ世界遺産に申請しましたが、まだ登録は実現していません。ワット サケットとデモクラシー モニュメントのすぐ近くにあります。カオサン通り界隈にお越しの際は是非お見逃しなく。 

    地図を非表示 地図を表示
    7
    7) ワット マハタート
    0

    ワット マハタートという呼び名で知られ、「ワット マハタート ユワラジャランサリット ラジャワラマハビハーラ」という正式名称を持つこの寺院は、アユタヤ朝時代に建造されました。バンコクにある格式の高い 10 寺の王室寺院の一つで、王宮とロイヤル パレスの中間地点にあるという好立地も手伝って、公式行事に利用されています。敷地内にはタイ最古の仏教大学があり、仏教と瞑想の研究において重要なセンターとして機能しています。 ワット マハタートはヴィパッサナー瞑想を学ぶ場所として人気があり、英語で受講できるクラスもあります。ワット マハタートの向かい側は巨大なアミュレット マーケットです。路上に数軒の屋台が集まる露店とは規模が違います。

    8
    8) ワット スタット
    0

    入口付近にそびえ立つ赤いジャイアント スイング (巨大ブランコ) が目印のワット スタットは、バンコクの寺院の中でもかなり古く素晴らしい寺院です。急勾配の屋根が美しいエレガントな礼拝堂では、チーク材でできた精巧な手彫りの扉と壮大な壁画をお見逃しなく。ワット スタットは、国王ラーマ 1 世 (1782~1809 年) の指揮のもとに、スコータイから船で搬送されてきた 13 世紀のブロンズ製仏像を安置するために建造を委託したものですが、国王ラーマ 3 世 (1824 ~ 1851 年) の時代になってようやく完成しました。旧市街地のロイヤル フィールドのすぐ東側にあります。エメラルド仏陀や王宮、ワットポーを訪れるついでに、ワット スタットにも立ち寄ってみませんか。

    地図を非表示 地図を表示
    9
    9) ワット ベンジャマボピット (ワット ベンジャ)
    0

    一般にはワット ベンジャの略称で知られるワット ベンジャマボピットは、1900 年に国王ラーマ 5 世によって建造されました。この寺院が有名な理由はいくつかあります。「大理石寺院」の別名のとおり、中心の寺院の外壁はすべてイタリアから輸入した大理石で覆われています。また、5 バーツ硬貨の裏に寺院の像が刻印されています。官庁や官邸の近くにあり、人々に深く崇拝されています。政府の高官などもよく参拝する寺院です。

    10
    10) ワット プラユーン
    0

    ワット プラユーン、別名ワット ルア レックは、チャオプラヤ川の西岸にあります。国王ラーマ 3 世の時代に建てられ、顕著な特徴としては、大きな鐘を逆さまにした形のチェディ (仏塔)、タイでよく見られるスピリット ハウスをまつった人造の小さなカメの「山」、ビジターがカメに餌をやる池などがあります。この寺院はトンブリー側のメモリアル ブリッジ (サパーン プット) のたもとに位置しています。このエリアは旧ポルトガル人街 (クティ ジーン) の南端にあり、ラタナコーシン朝初期 (アユタヤ朝が滅び、国王ラーマ 1 世がトンブリーに新都を建設) にポルトガル人の商人や官僚のために指定された区域です。

    この施設を評価する : ( 件投稿)
  • Follow us on FACEBOOK for daily photos!

 
ホテル クイック ファインダー | 宿泊日を選択してください
から
 

ご意見をお聞かせください

このウェブサイトをより良いものにするため、
旅行やホテル、ツアーに関するご意見や感想をお聞かせください。

  • - Tell us if something is not right, outdated or closed
  • - Suggest your restaurant, bar or shop
  • - Tell what you would like to see in this website

Loading...